新作シューズ「Pokémonコレクション」の魅力を、大のポケモン好きとして知られ、二児のパパでもあるお笑いトリオ・ロバートの山本さんにインタビュー。
子どもは喜んで、大人も納得
INTERVIEW about Pokémon Collection
ロバート・山本さんが語る「Pokémonコレクション」の魅力

#KIDS 2022.07.22

新作シューズ「Pokémonコレクション」の魅力を、大のポケモン好きとして知られ、二児のパパでもあるお笑いトリオ・ロバートの山本さんにインタビュー。

ゲンガー、ルカリオ、エースバーン。アニメやゲームで大活躍している3匹のポケモンをデザインした「Pokémonコレクション」がリリース。その魅力を体験してくれたのは、二児のパパであり、筋金入りのポケモン好きとしても知られる、お笑いトリオ・ロバートの山本博さん。それぞれのポケモンへの思い入れや、4歳の息子さんに履かせた感想などを話してもらいました。

「ロバートのネタが生まれたひとつのきっかけ」。山本さんとポケモンの深い関係

――山本さんがポケモンを好きになったきっかけを教えてください。

芸人としてデビューして4、5年目の頃、テレビ東京の『ポケモン☆サンデー』という番組で、“山本隊員”としてロケを任せてもらえることになったんです。もともとゲームが好きだったこともあって、それをきっかけにのめり込みました。友達と一緒に、お互いが育てた愛着のあるポケモン同士を戦わせる、という新しいゲームシステムには驚かされましたね。

――当時の視聴者には今でも“山本隊員”と呼ばれていると聞きました。

ポケモンの番組に出演していたおかげで、子どもとの距離が縮まったんです。そこから、「子どもに笑ってもらうにはどうすればいいか」を考えるきっかけにもなって。今の皆さんが知っているようなロバートのネタが生まれたのは、ある意味でポケモンのおかげかもしれません。そう考えると、あの時に100時間以上ゲームをプレーしたのもいい経験ですね(笑)。

――お子さんもポケモンは好きですか?

僕が集めたポケモングッズに興味を持ち始めてから、今ではポケモンは息子とのコミュニケーションツールです。よくゲームセンターへ行って、一緒に『ポケモンメザスタ』というアーケードゲームをやっていて。手に入れたタグを「いいでしょ?」と自慢してくれることもありますね。

個性豊かな3つのデザイン。「Pokémon コレクション」の魅力

――今回リリースされた「Pokémon コレクション」をご覧になった感想を教えてください。

アシックスらしいスポーティなデザインと、ポケモンの個性がしっかり共存しているところに魅力を感じました。あと、ポケモンが内側にプリントされているので、目立ちすぎず、コーディネートしやすいのがうれしいなと。その“さりげなさ”には、子どもとしてもちょっぴり大人っぽさを感じてもらえるように思えます。

――ゲンガー、ルカリオ、エースバーンをイメージしたデザインもポイントです。

ファンとしては「そうきたか」と心を掴まれましたね。

――それぞれのポケモンの魅力はなんですか?

ゲンガーはゴーストタイプらしい“小悪魔”な雰囲気がたまらないポケモンですね。一度その魅力に気づいてしまうともう虜です。ゲームでも、相手ポケモンを眠らせる「さいみんじゅつ」や、眠っている相手ポケモンに大ダメージを与える「ゆめくい」などで大活躍してくれます。

ルカリオは、かくとうタイプらしい武闘派な見た目が好きですね。実は『ポケモン☆サンデー』では “ルカリオ部長”と一緒に調査をしていて。僕は隊員だったので、ある意味で上司ともいえる、繋がりの深い存在です(笑)。
そしてエースバーンといえば、放送中のアニメ「ポケットモンスター」で登場する少年、ゴウのパートナー。 ゴウのエースバーンは、仲間のポケモンたちがピンチの時に駆けつけてくれるところがかっこいい。 ゲームでも、火の玉をサッカーボールのように蹴飛ばす「かえんボール」というわざで魅せてくれます。

――「Pokémon コレクション」を見たお子さんの反応はいかがでしたか?

なだめるのが大変なくらい喜んでくれました。3種類を試着して、どれにしようかずっと悩んでいて。息子はもともと、特にルカリオが好きだったのですが、最終的には「エースバーンがいい」と言われたんです。理由を聞いたら、さりげなくオレンジが入った配色がかっこいいと。決め手がポケモンではなくデザインだったというところも、「Pokémon コレクション」ならではだと思います。

履かせやすさにもこだわりを。親目線でも納得の一足

――フィット感を高める「キモノフィットタン」や、かかとを包み込む形状の中敷など、履き心地への工夫もポイントです。

「走っている途中に靴が脱げてしまわないか」といった、ありがちなことはありませんでした。靴の一番の目的はやはり歩いたり走ったりすることなので、そこは重視したいですね。機能性とデザインがしっかり両立されているところが、アシックスさんらしいなと思いました。

――お子さんへの履かせやすさはいかがでしたか?

靴のベロの片側がつながっているので、子どもが無理やり足を突っ込んでもベロがくしゃっと丸まらないのがうれしいですね。子どもに靴を買ってあげる時、妻とよく話し合うのが「履かせやすいかどうか」なので、親目線としても選びやすいなと。子供が喜んでくれて、大人も納得できるコレクションだと思います。

――今後、「Pokémon コレクション」を履いたお子さんとやりたいことはありますか?

家ではずっと動き回っているくらい元気なので、一緒に外で遊びたいですね。あと、息子が今度転校する幼稚園で運動会があるんです。ぜひPokémonコレクションを履いて、お友達とのコミュニケーションツールにしてほしいですね。

©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
TM, ®, and character names are trademarks of Nintendo.